読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サードウェーブ系哲学的ゾンビ

知る。考える。感じる。想像する。

個人的 良かった曲 2016

音楽 読み物 雑記

SPONSORED LINK

f:id:sky-y:20161230023753j:plain

あんまりこのブログでは音楽の話をしてなかったのですが、僕は音楽が好きです。小規模なクラブなら割とよく行くし、最近は(レコードプレイヤーがないのに)レコードを集め始めています。

基本的には邦楽ポップ寄りなのですが、「これが好き!」と一言で言いにくいので、今から挙げる「今年出会って良かった曲」を見てなんとなく察してください。

星野源『恋』


星野 源 - 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

もはや説明不要、『逃げ恥』テーマソング。

ただ、個人的に重要なのは、「僕はこういう感じの音楽が好きなんです!」と自己紹介するための分かりやすい、名刺代わりのサンプル曲にもなったということです。

きちんと話すとまた一つの記事では収まらないのですが、僕が好む「渋谷系」(有名なのは小沢健二)に近い感じです。

(注:「渋谷系」は定義自体がかなりバラバラなので、例えばこれを参考にしてください→ 渋谷系の音楽っていうとどのバンドを思い出す? シンバルズ? フリッパーズギター? それともサンボマスター? みたいな「渋谷系」のレキシというかイメージの話 - in between days

曲の完成度も高く、シンコペーション(リズムをずらすこと)を効果的に使うなど、現代ポップの教科書的な作品でもあります。

恋 (初回限定盤)

恋 (初回限定盤)

TWEEDEES『Baby, Baby』


BABY, BABY / TWEEDEES(トゥイーディーズ)

ほんとこのバンドは推したい。好きです。

先ほどさらっと挙げた「渋谷系」の(異論はあると思うけど)より直接の後継者にあたる、しかしそれを良い意味で「忘れさせてくれる」ようなポップバンドです。

メンバーの1人である沖井礼二は、かつて「遅れてきた渋谷系」とも呼ばれた「Cymbals」を率いたベテランバンドマンでもあり、その解散後に改めて結成したのがTWEEDEESになります。


怒れる小さな茶色い犬 - Cymbals

もう1人のメンバーである清浦夏実は、女優やbayfmのDJを勤めつつ歌手活動をゆるりと行ってきましたが、後にTWEEDEESのボーカルとしてデビューします。

TWEEDEES結成まもなく行われたライブはファンの間では伝説と化しております。

また清浦のボーカルでCymbalsのナンバー「怒れる小さな茶色い犬」が披露されると、長年の沖井ファンからは熱狂的な歓声が上がったが、清浦は

「みんなCymbals好きでしょ? 私も好きだよ。 でもね、私がCymbalsのこと忘れさせてあげるから! Cymbalsよりもほかのバンドよりも、TWEEDEESをもっともっといいバンドにしていくから!」

と力強く宣言。より大きな歓声を受け、最後は清浦が作曲に携わった「Rock'n Roll is DEAD?」でパンキッシュに締めくくった。

(出典: TWEEDEESと北川勝利、盟友ツーマンで清浦夏実「忘れさせてあげる」 - 音楽ナタリー、強調は筆者)

こんな肝の据わった20代、なかなか居ないですよ!!

つまり、旧CymbalsのファンにとってCymbalsとは一種の「呪い」であって、それを清浦さんが「呪いを解いた」訳です。もうこのエピソードだけでも、「一生付いていきますぜ姐さん!」となりましたよね……

The Second Time Around【初回盤(CD+DVD)】

The Second Time Around【初回盤(CD+DVD)】

ちなみに、僕が買ったレコードの中には、TWEEDEES『Winter's Day』もあります。

f:id:sky-y:20161225005350j:plain

Winter's Day Boop Boop bee Doop!~New Mix~ [Analog]

Winter's Day Boop Boop bee Doop!~New Mix~ [Analog]


さらに余談ですが、「呪い」といえばYUKIの1stアルバムですよね。あれも「ジュディマリの呪い」を解いたと解釈すると味わい深いものです。


YUKI Isoya - 呪い Noroi

上坂すみれ『恋する図形(cubic futurismo)』

※MVはスマホ推奨!


恋する図形(cubic futurismo)/上坂すみれ

実はこれは曲というよりアーティストに対する贔屓ですが、今年の象徴ということでこの曲を。

上坂すみれは声優ですが、「声優」だけで語りきれない多数の側面を持つ人です。 一言で言えば「大槻ケンヂが認める正統サブカル女子」でしょう。代表的な「ロリータ」「ミリタリー」「ソ連・ロシア趣味(ロシア語は外大にて習得)」のどれもが、評論を生業とできるレベルなのです。(これも語ると長くなるのでこの辺で……)

その文脈を踏まえての本作。音楽だけでなくアートワークの全体が「ロシア・アヴァンギャルド」をモチーフに制作された作品であり、このMVだけでも「上坂すみれワールド」を感じ取れると思います。

【Amazon.co.jp限定】恋する図形(cubic futurismo)【期間限定盤】(オリジナルブロマイド付)

【Amazon.co.jp限定】恋する図形(cubic futurismo)【期間限定盤】(オリジナルブロマイド付)


なお、このMVのような「スマホに最適化された動画」という技法自体は、同じく2016年に発表されたLyrical School『Run and Run』で一躍有名になりました。こちらも、まだ未試聴の方はぜひ「スマホで(できればiPhoneで)」視聴してみてください。


RUN and RUN / lyrical school 【MV for Smartphone】

村川梨衣『ドキドキの風』


ドキドキの風 / 村川梨衣

声優で「○○ワールド」を持つ人と言えば、村川梨衣も忘れてはいけません。

七色の声を演じ分ける天才声優「村川梨衣」というクールな面がありつつ、ハイテンションかつ破天荒で「そのキャラどこから出てきてん!」と思わせるような「りえしょん」という二つの顔を持つ女性。

その前者の「村川梨衣」が本気で歌ったらこうなる、というやはり才能を感じさせる一曲です。

驚くべきは声の表現力です。ワンフレーズに込められた情報量が多い。あるいは「何かが宿っている」、そんな魅力です。

【Amazon.co.jp限定】RiEMUSiC【初回限定盤(CD+BD)】(B3ポスター付)

【Amazon.co.jp限定】RiEMUSiC【初回限定盤(CD+BD)】(B3ポスター付)

余談:なぜ声優楽曲にハマっているのか?

ところで、僕は声優楽曲にここ数年ハマっています。要因は色々あるのですが、楽曲に関する理由を上げるとすれば、一つは声の表現力の高さ、もう一つは楽曲として良い曲が多いからです。

前者は当然本職が「声の役者」ですので、ただ声を出すにしても、色々な出し方をできる方が多いです。音楽は楽譜・楽典上では「リズム・メロディ・ハーモニーが音楽の3要素ですよ」とよく教えられるのですが、声優が歌で表現する場合は「3要素の外」にある要素(ビブラート、抑揚、外し方など)も多く、結果として豊かな表現力を持つ声優さんが多いように思います。

後者の良さを支える要因は、「裏方を務めるバックバンドや作詞作曲陣にガチのミュージシャンが多い」のも大きいです。(有名な人だと、クラムボンのミトさんはあらゆる声優楽曲やアニメ曲を書いてます。)これは、声優以外のアイドル楽曲にも近年見られる傾向でしょう。

花澤香菜『透明な女の子』

※ 空気公団・山崎ゆかりがプロデュース


花澤香菜 『透明な女の子』(Music Clip Short Ver.)

花澤香菜は数いる声優の中でも突出しており、アーティストとしても「裏方のミュージシャン」を本気にさせるような、天性の声を持っていると思います。

本作は、空気公団の山崎ゆかりが花澤香菜に向けて、楽曲だけでなくアートワークまでトータルプロデュースした作品です。

僕自身は元々空気公団のファンでしたので、そのメンバーが書いた曲を花澤香菜が歌うということは大きな喜びでした。

かえる王国『東京発深夜便』


東京発深夜便 Live かえる王国

ところで最近、Apple Musicが最近気に入ってます。なぜなら、僕の好きなジャンルの邦楽(インディーズ寄りのポップ・ロック)がやたらと強いからです。(逆に、日本でメジャーなレーベルほど、Apple Musicは弱いです。)

その中で、推薦機能も従来のiTunesより進化を遂げています。iOSのミュージックアプリで曲を聴いて調教し、気に入った曲に「♥」(ハートボタン)を押しておくと、「For You」というタブでかなりセンスのあるお薦めをしてくれます。

その「For You」でお薦めされた数ある曲でも、この曲を一つ選んでみました。たぶん、Apple Musicが無かったら知らないアーティストかもしれないので。

(おまけ:Apple Musicの導入について書いてみました。悩んでいる方はご一読ください。)

心地よいスウィングで、うきうきする良質ポップです。これを聴きながら深夜の高速バスに乗ったことがあるのですが、すごく気分が高まりました。

POP`N`ROLL

POP`N`ROLL

the oto factory『ハーバータウン feat. あきお』


ハーバータウン feat. あきお / the oto factory

最後は、自分の身内びいきをお許しください。しかし、関西のインディーズ界隈では語らないわけ訳にはいかないユニットになりつつあります。

結成当時、大学生だった4人組が結成したユニットであり、いわゆる「シティポップ」の文脈で語られることが多いようです。ただ、僕が現場で何度かオトファクの音楽を体感した限り、それは「現代に蘇ったディスコ」「グルーヴのおもちゃ箱」かもしれません。

過去に存在したディスコミュージック、テクノポップ、クラブミュージック……そういったものを自身の感性によって心地よく「ごちゃまぜ」にした感じ。それが、彼らが生み出すグルーヴになっているのだと思います。

特に、松屋町・地下一階で行われた「Young forks in Metropolis」というイベントでのライブは最高でした。オールナイトかつ生で体験できたことは未だに思い出深いです。 そして、そのトリを飾ったパソコン音楽クラブは、なんと15年前ほど前の「ハードウェア音源」をそのまま演奏するという(分かる人にしか分からない)驚きのパフォーマンスを見せました。

そのオトファクとパソコン音楽クラブのコラボが、こちらになっております。ぜひご視聴ください。


the oto factory × パソコン音楽クラブ - 0G LOVE/0G LOVE PMC Remix

DATE COURSE

DATE COURSE

カクテルパーティー

カクテルパーティー

  • the oto factory
  • J-Pop
  • ¥1500

豊作の一年でした

今年は冒頭の星野源『恋』が大ヒットしたように、日本のポップは大きく盛り上がりました。そして、星野源以外にも「良質ポップ」の担い手が沢山いて、良い音楽の担い手がきちんと正当に注目されつつある世の中になったと思います。

その背景として、ここ10年でYouTubeが音楽プロモーションで無くてはならない存在となり、さらにApple MusicやSpotifyのような聴き放題サービスがデジタル音楽の文脈で展開されたことが挙げられます。

一方で、ここ2〜3年は「レコードストアデイ」が各地で開催されるように、レコードの復権と共に「音楽を聴くという体験」について見直されている状況が続いています。

特に観客には「体験としてのライブ」が、アーティストやバンドマンには「収入源としてのライブ」が、ここ10年ぐらいで存在感を増していると思っています。つまり、カギは「リアルのライブ」であり、そしてバーチャルな(=事実上)の「ライブ感」でしょう。

音楽を大切にすれば(そして可能な限りお金も落としたら)、きっと音楽は死なない。そう実感できた一年でした。

藤原 惟