サードウェーブ系哲学的ゾンビ

知る。考える。感じる。想像する。

ハニー・アンド・スパイス

SPONSORED LINK

Cinnamon rolls at Honey Wheat B&B

悪い夢を見た――しかし淡い幸福に包まれていた。

彼女は別れ際の駅で言った。「離れたくない」

束縛したくない、嫌いになってほしくない。
将来のことを考えたい、明日のことは考えたくない。
バイバイしなくちゃいけない、離れたくない。

簡単に「矛盾」と片付けられるその気持ちは、しかし人間が生きていくことそのものであった。

生きた心地のしない、抜け殻の朝。
しかし前を進んでいくしかない、希望の朝。

ふわっとしたオムレツに包まれた、鼻をつく西洋わさびの辛さ。
甘い蜂蜜の中にたっぷり溶け込む、苦さを伴うシナモンの香り。

やさしさと哀しさ、甘さと苦さが残る朝。

現実を生きていくことは、地続きである。苦しみや悲しみを抱きながら、幸せを噛みしめて今日を生きる。

(藤原 惟)