サードウェーブ系哲学的ゾンビ

知る。考える。感じる。想像する。

ただ神戸のパンの素晴らしさについて語りたい

2017年の新学期に向けてこういう話が出ています。

「道徳」教科書の初検定 8社すべてが一部修正し合格 | NHKニュース

小学1年生のある教科書では、申請段階では、物語に友達の家のパン屋を登場させていましたが、「国や郷土を愛する態度」などを学ぶという観点で不適切だと意見がつけられ、教科書会社は「パン屋」を「和菓子屋」に修正しました。

これについて、教科書会社は「日本文化であることをわかりやすくするため和菓子屋に修正した」と話しています。

ソースが1つしかないので真偽不明ながらも、これ自体の真偽は保留します。

神戸のパンについて語りたい

ただ、次の疑問を伝えたいために記事を書きます。

「神戸のパンを愛することは、郷土愛ではないのか?」

以下、政治的なことは触れずに、ひたすら「神戸(および兵庫県)のパンに対する愛」を語ります。

続きを読む

眠れない夜に花澤香菜『Opportunity』について語る

ご無沙汰しております。 なんとか確定申告が終わり、その件はゆっくり書きたいと思います。

そのご褒美として花澤香菜のアルバム新譜『Opportunity』を買いました。

(ご褒美を設定することは、かなり確定申告でも大切かもしれません(笑))

Opportunity(初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付)

Opportunity(初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付)

Opportunity

Opportunity

寝ようと思って寝れないのもあるので、雑にレビューというか、脳内垂れ流しをしてみます。

続きを読む

弔うことは、思い出すことである。— 1.17 阪神淡路大震災について —

昨年12月に、私は再び兵庫県民になった。

とはいっても、大阪からの引越なので距離はそんなに変わらないが、しかしアイデンティティとしてはかなり違う気がする。

そして今年も、あの日が巡ってきた。

続きを読む

「Fast alone, far together.」だから仲間を作りたい

日本につけるクスリ

日本につけるクスリ

  • 作者: 竹中平蔵,安部敏樹
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

友人の安部敏樹という男による、竹中平蔵氏との共著・『日本につけるクスリ』。

その書評をしたいのですが、全体を書評できるほど読めていません。そこで、彼との出会いを簡単に振り返り、巻末「おわりに」を簡単に書評しつつ、最後に自分の「far together」したいことを列挙したいと思います。

続きを読む